Uncategorized

顔や首などを始め全身にできるイボ。その種類と治療法とは?

イボは痛みやかゆみなどはほとんど感じませんが、美容的に見た目が良く無いので何とかしたいものですね。イボができる原因によって種類を分けられます。それぞれの特徴と治療法についてまとめてみました。

加齢が原因による老人性のイボの特徴

年齢とともに、今まで浴びてきた大量の紫外線やお肌の細胞組織の老化によって皮膚のターンオーバーにも異常が起こりやすくなります。特に紫外線を浴び続けてきた皮膚にはメラニン色素が生成されやすくなり小さなシミがいくつもできるようになります。これが次第に隆起してきてイボを形成し始めてしまうのです。こういった老人性のイボの場合の治療法としては、自宅でサルチル酸などの成分が配合されたイボ治療薬などで対処する方法もありますが、よりきちんと老人性イボを治療するためには美容皮膚科でレーザー治療や塗り薬などを行うのが最善策になります。イボを取った場所は皮膚組織が薄くなっているので、すぐにメラニン形成されやすくなり再発しやすいため紫外線対策を前にも増して徹底する必要があります。

ウイルスが皮膚に入り込むウイルス性のイボの特徴

皮膚にウイルスが付着することによってそのウイルスが皮膚細胞に入り込み極小のイボを点々と形成することがあります。主な場所としては指や顔、首などがあります。ウイルス性のイボの場合はイボの中にウイルスがたくさん詰まっているので、むやみに潰してしまうとウイルスが飛散して他の場所にもうつってしまたり、他の人に移してしまう可能性があるので気をつけましょう。治療は自宅治療用の薬はありませんので皮膚科で治療をしてもらう必要があります。ウイルス性イボの場合は、液体窒素や電気で一つずつ焼き切る方法、内服薬、塗り薬などがあります。液体窒素などで焼き切る方法はその日のうちにイボを全て処置できるので即効性があるのはメリットですが痛みを伴うことが多いのが難点でしょう。

常に肌への刺激が続いた時にできるイボの特徴

若い年齢の人でも年齢を問わず、常に下着などが擦れることで長期間にわたって繰り返し皮膚に刺激を与え続けてしまったことで、この皮膚刺激が原因でイボができてしまうことがあります。皮膚刺激性のイボの場合には、特に目立たない場所でしたらそのまま放置しても構わないのですが、どうしてもイボを取りたい場合には皮膚科や美容皮膚科でレーザー治療によるイボ除去を行うと良いでしょう。その場合は保険診療外になる場合がほとんどですので気をつけましょう。皮膚への刺激によるイボができやすい人というのは普段から特に皮膚が弱いなどの体質であることが多いので、なるべく普段から締め付けるような下着や洋服を避けるようにした方が良さそうです。

イボの原因に合わせて治療を行うことが大切

イボができる原因によって、そのイボの性質や治療法も少しずつ違いがあります。イボができてしまった場合は自己判断せず皮膚科で診察してもらう方が、的確な治療が受けられるので早く綺麗に治すことができます。