Uncategorized

気になるイボを除去する様々な方法について

イボというものはとにかく大きさがあるので女性だと目立ってしまうことがあり、悩んでいる方も少なくありません。そんなイボのをどうしても除去したいという人には幾つかの方法があります。まず最近ではかなり安全性が高くなったレーザーでの除去方法があります。一方で昔からあるイボの除去方法には液体窒素を使った方法もあります。これらの外科的なもの意外には内服薬などを飲んでじっくりと治すという方法もあります。

レーザーで除去する方法について

イボの除去として最近人気になってきているのがレーザーによる除去方法があります。こちらはピンポイントでレーザーを照射できるために肌を傷つけにくいというメリットがあり、術後の跡が残りにくいという点も女性の肌にとっては嬉しい点です。イボの除去に関してはどの方法を取っても多少は長い期間を掛けないと除去ができないのですが、レーザー除去の方法だと大体3ヶ月から半年ほどで綺麗に除去ができます。出血なども少なく再発が少ないというメリットや、一回の施術時間もとても短いために忙しい人におすすめなのですが、反面料金がお店によってマチマチだったり保険適用外となっていることもあるので、料金に関してはしっかりと相談をしておくのが大事となります。

液体窒素は昔からあるイボの除去方法です

イボの除去方法としては昔からあるものとして液体窒素を利用したものがあります。こちらはイボ自体を液体窒素を付けた綿棒のようなもので焼き切るという方法になっているのですが、低温火傷の仕組みとなっているので多少痛みがあるという点があります。肌を焼き切ることになるので、その後の消毒やケアなどはしっかりと通院をしてケアをすることが必要になります。また表面を焼き切るために根の治療まではやはり3ヶ月程度は掛かるので気をつけましょう。若干ですが根の取り忘れによって再発などのケースもあります。昔からある方法なのですがこちらには保険が適応することが多いので、費用の面を考えるとイボの除去にはこちらも検討をしてみるのもいいでしょう。

手軽な内服薬でもイボの除去はできます

上記に述べた2つの治療はどちらも外科的なものとなっており、多少の痛みを伴うという点があります。やはり痛いのは嫌だなと感じている方には内服薬などでもイボの除去や治療をすることができます。イボの治療に用いられる成分としてはヨクイニンと言うものがあり、日本ではハトムギとしての方が有名な成分です。ビタミンミネラルとしてカルシウム、カリウム、鉄などを豊富に含み、またタンパク質なども入っているので健康面でも人気があるのがヨクイニンなのです。ヨクイニンの効果としては免疫力を高める効果があり、これによってイボの原因となっているウィルスを弱めることで治療や除去を目指すことになります。内服薬ということもあり毎日しっかりと飲んで長い目での除去となるので、根気よく続けることが必要になります。

イボの除去方法は個人に合ったものを選びましょう

イボの除去に関しては大まかに分けると外科的なレーザーでの除去と液体窒素の除去と、内服薬による除去方法の2つになります。当然外科的な除去方法の方が早くに治療が終わるのですが、料金などはしっかりとチェックをしておきましょう。内服薬だと時間が掛かるなどこれらのイボの除去には一長一短があるので、自分にあった方法を調べて選ぶのが大事となります。