Uncategorized

首やデコルテに出来るイボの代表的な治療方法3つ

加齢とともにお肌のターンオーバーに異常が起きて首やデコルテなどあらゆる場所にポツポツできるイボの治療方法3つをご紹介していきます。

イボに効果のある内服薬を処方してもらう

イボがあらゆる場所に出てくると見た目も悪いですし手触りもザラザラして気になります。まずは皮膚科に行って内服薬を処方してもらうのがイボ治療のスタート地点になります。それほど酷く無いイボでしたら内服薬で十分治癒する可能性があります。主成分は昔からイボによく効くと言われているハトムギです。漢方でも?苡仁という名前でイボの薬として知られています。市販のイボ取りのためのクリームやサプリでもハトムギを成分としたものがありますが、これらは病院で処方されるイボの内服薬よりも濃度が低めなのであまり効果が期待できないでしょう。きちんと治療するのであれば、皮膚科医に処方してもらう内服薬を毎日きちんと飲むのが一番効果が期待できるはずです。

液体窒素で焼いてしまって治療する

イボの治療内服薬が効果がなかった場合や、イボの数が非常に多い場合などは液体窒素で焼いてしまう治療法が一般的です。この治療方法は保険適用なので安く確実にイボを除去することができるのが最大のメリットです。ただ、マイナス200℃近い低温で低温やけどを人工的にさせて焼き切るので痛みが強いのが特徴です。イボの数にもよりますが、一つ一つのイボに液体窒素を塗布していくので一度に治療できる数も限られていますので何度も通院が必要になる場合もあります。液体窒素で火傷状態にしてイボを除去するのでその跡が当面黒いかさぶたができたりするので、かさぶたが取れるまでは目立ちます。いずれにしても痛みに弱い人はこの治療法を選択しない方が良いかもしれませんね。

炭酸ガスレーザーで焼いてしまう方法

炭酸ガスレーザーでイボを焼くという治療法は、大抵の皮膚科などでは保険適用外です。ですが液体窒素での治療とは違い、一回の通院で全ての治療が完了するので一度でイボの治療をしてしまいたい人にはおすすめです。炭酸ガスレーザーの場合、小さなイボから大きなイボまで完璧にイボを除去することができます。炭酸ガスレーザーを使用する際には一般的に麻酔をする場合があるようですが小さなイボの場合はそのまま治療することがあるようです。痛みは少しありますが液体窒素よりはマシでしょう。一つのイボに対しての照射時間は一瞬ですから十分我慢できる痛みです。照射後にはだいたい一週間ほどで傷が治り、かさぶたが剥がれると新しい皮膚が出てきて完治となります。

イボの治療法は専門医に判断してもらうのが一番

イボの治療方法は大きく分けて以上の三つになります。どの方法でイボの治療を進めていくかは医師と相談して決めていきましょう。保険適用の有無、通院回数、イボの数などその人に応じた治療法を選ぶことがスピーディーな完治へと繋がります。